【Cocoonテーマ使用】PHPを勉強し始めたので、ワードプレスに記述する方法を調べてみた(前編)

IT

ここのところ、ドットインストールProgateにてPHPを勉強中です(。-∀-)

今の会社の入社前にもPHPは少し勉強していたんですが、実は現在インフラ系な仕事を少し任されていまして、もうほぼ忘れてしまっています(;´∀`)

せっかく勉強しているということで、練習ついでにワードプレスに反映させようと色々試みてみました。そこで、まず気づいたことは、ワードプレスって記事の編集画面にそのままPHP文を記述しても、

<?php echo “Hello World!” ?>

こんな感じにそのまま表示されてしまうんですね! まぁ当たり前っちゃ当たり前ですが。

では、こうならないようにはどうすればいいのか?という部分を色々調べてみたので、「前編」「後編」に分けて詳しく展開していきたいと思います。

  • 前編・・・プログラミング及びPHPの説明
  • 後編・・・実際に記事内にPHPを記述する方法の説明
スポンサーリンク

PHPとは?その前におさらい

いきなり「PHP」という単語を出しましたが、たぶんあまりよく分からない方もいらっしゃるかと思いますので、以下に少し補足をしていきます。

まずは、こちらの記事で少~しだけ触れてきた 「コーディング」と「プログラミング」について、サラっとご説明いたします。

コーディングとは

coding

コーディングとは、プログラミング言語を用いて、コンピュータが処理可能な形式のプログラム(ソースコード)を記述すること。プログラミングの一工程で、仕様書や設計書など人間向けに書かれた文書などを元に(あるいは、頭の中で考えたアルゴリズムや構想などを元に)、それをコンピュータが解釈可能なコードとして記述していく作業のことを指す。プログラミングの同義とする場合もある。
出典元: IT用語辞典 e-Words

コンピュータには、日本語や英語の言葉を理解できないのはなんとなくお分かりでしょうか。

その為、行わせたい動作(プログラム)をコンピュータが分かる言葉(プログラミング言語)で書いていかなければなりません。その作業のことをコーディングと言い、そこで書かれたものは、ソースコードと呼ばれています。

プログラミングとは

programming

プログラミングとは、コンピュータに意図した動作を行わせるために、まとまった処理手順を作成し、与えること。作成された手順のことをコンピュータプログラム(computer program)あるいは単にプログラムという。プログラミングを行う人や職種のことをプログラマ(programmer)という。
出典元: IT用語辞典 e-Words

意味的にはコーディングとほぼ同等に使います。ただ、こちらに関しては設計部分やテスト、修正などの作業も含まれた意味で使う場合もありますね。

プログラミングをする際に使われる言葉が「プログラミング言語」であり、コンピュータと会話するための文字列、つまり「言語」です。現在、主に使われている言語だけでも10個以上もあったりして、PHPはそのうちの一つ、ということになります。

スポンサーリンク

PHPの解説

では、ここからPHPの解説に入ります。

PHP

PHP (PHP: Hypertext Preprocessor を再帰的に略したものです) は、広く使われているオープンソースの汎用スクリプト言語です。 PHP は、特に Web 開発に適しており、HTML に埋め込むことができます。
出典元:php.net

んー、少し説明が難しいですね(;´∀`)

なので、ちょっとずつほぐして解説してみます。

オープンソース

別名: OSS Open Source Software

オープンソースとは、人間が理解しやすいプログラミング言語で書かれたコンピュータプログラムであるソースコードを広く一般に公開し、誰でも自由に扱ってよいとする考え方。また、そのような考えに基づいて公開されたソフトウェアのこと。
出典元: IT用語辞典 e-Words

まぁ色々ルールはありますが、かなり掻い摘んで説明しますと、無料のソフトウェアってことです。なので、PHPはインストールすれば誰でも使うことができるんですね~。

スクリプト言語

別名: Lightweight Language簡易言語

スクリプト言語とは、プログラミング言語の一種で、OSやアプリケーションソフトの動作や機能などをプログラムの形で記述できるもの。また、転じて、実行可能形式への変換作業などを省略・自動化したり、少ない記述量でも実行できるなど、仕様や開発手順が簡略化されたプログラミング言語のこと。
出典元: IT用語辞典 e-Words

こちらも難しい説明が書いてありますが、要するに、面倒な部分を減らして簡単に書かれたプログラミング言語ですよ~ってことですね。

PHPの他に有名なスクリプト言語は、

  • JavaScript
  • Python
  • Ruby

などが挙げられます。JavaScriptに関しては、PHPと同じくWebで使われる言語なので、今後取り上げていく…かもしれません、、

HTML

こちらは先ほどのよりも少し大事なので別枠で。

HTML

HTMLHyperText Markup Language)

Webページを作成するための言語。ハイパーテキストと呼ばれる、文章や画像、音声などをリンクさせた文書構造にマークアップ(目印をつける)するグレートな言語。見出し、タイトル、段落などを分けて記述できるようになっている。プログラミング言語とは微妙に異なり、同一に扱うと一部のエンジニアが怒る。
出典元:こいけや

まず、HTMLというのは、Webサイトを作る際のお約束事だと思ってください。 Webサイトもソースコードを記述して作られています。そんなWebサイトのコードを書く際に、タイトルはこういう風に書いて、本文の内容はここに書きますよ~、といった感じの決め事をするのがHTMLです。

そして「PHP」はWebサイトを作る際に一緒によく使われるプログラミング言語です。PHPの特徴として、そのソースコードの中に一緒に記述することができます。

<!DOCTYPE HTML>
<html>
    <head>
      <title>sample</title>
    </head>
    <body>
      <?php
          echo "Hello World";
      ?>
    </body>
</html>

上記の文字列がHTMLのソースコードのサンプルになります。

1~2行目はお約束みたいなもので、<head>という部分はヘッダーの情報、<title>はページのタイトル、<body>はページの本文を記述する部分を表しています。</〇〇〇>の部分は、「閉じる」みたいな感じですね。

そして、7行目の<?phpにはじまり?>に終わる部分。ここにPHPのコードが埋め込まれているんですが、ここではWebサイトに「Hello World!」という文字を表示しなさい!という命令が書かれています。

ただ、正直これPHP文で書かなくても、そのまま「Hello World!」だけ記述しても表示されるんですけどね(;’∀’)

なぜPHPを使うの?

上の例だと特に意味のないことをしているんですが、PHPを使う主な理由としては、動的なコンテンツ作りをし易いという部分です。

動的なコンテンツ」というのは、見る人やタイミングによって違うページを表示させたりすることを指します。通常HTMLのソースコードは、一度書くと変化はしないので常に同じ内容のWebサイトを表示しますが、それを自動的に変化させたりできるのがPHPの特徴です。

PHPを使っているものでよく例に挙げられるのが、

  • 人気記事を一番上に表示させる機能
  • お問い合わせページ
  • ショッピングサイトの買い物カゴ機能

PHPはページをまたいでデータの受け渡しができたりするので、買い物中に色々な商品ページに飛んでも、買い物カゴの情報が引き継がれたままになっているんですね。

まぁ~、いちいち一個ずつ買わなきゃならないようなサイトなら、あっという間に人はいなくなってしまうでしょう…。

スポンサーリンク

まとめ~後半へ続く

イメージしやすいようにかなり大まかに説明してきましたが、多少はご理解いただけたら幸いです。

今回の本題は「記事内にPHPを記述する方法」なんですが、そちらは後編に書いていきますので、併せてご覧になってください。

なお、次回の内容は、僕も使わせていただいてる「Cocoon」テーマ寄りの記事になっています。それ以外のテーマをご使用の方には若干不都合があるかも?しれませんが、参考程度に読み進めてみてくださいね。

後編へ続く

スポンサーリンク
     
スポンサーリンク
IT
~ランキング参加中~
ブログランキング・にほんブログ村へ          
三十路ではじめるITシステム部

コメント

  1. いわし雲 より:

    初めまして。
    分かりやすい記事を書いてくださり、ありがとうございました。
    私には難しい内容でしたが、お陰様で少しイメージが湧いてきました。

    当方、pcのことがさっぱり分からないままブログを始めてしまい、今まで数多くのいろいろな失敗をヤラカシテいます。

    基本的なことを勉強せずに、理解のないまま、例えば何かを参照してHTMLを勝手にいじって、とんでもない結果を招く、といったパターンです。
    しかも悪いことに、その時のことをすぐに忘れてしまい、学習能力なく同じ間違いを繰り返していたりします。あーあ。

    今後も、初心者にも分かりやすい記事をよろしくお願いいたします。

    突然のコメント、失礼いたしました。

    • こいけやこいけや より:

      いわし雲さん

      そう言っていただけると幸いです^_^
      僕も正直、去年ITの道に進んだばかりなのでほぼ初心者なのです。

      職場に入ると専門用語だらけが飛び交う環境でして、僕が人に伝える際は出来るだけわかりやすく伝えようと、一応考えながら書いてます(^^;;

      自分で編集など手を加えるのはいいことだと思いますよ。実際にやってみないと分からないことってたくさんありますし。
      その際は「編集する元のバックアップを先にとる」というのを心掛けてみたらいいかもしれませんね。